もう苦しまないで賢い借金返済方法

任意整理の手続きと流れ

任意整理の手続きと流れ

1.司法書士との面談

借金総額、借入先の数、それぞれの業者との取引内容、家計の収支、財産の有無といった詳しいご事情をお伺いします。

2.債務整理方法の決定・受任

お伺いしたご事情から、相談者の方に一番適していると考えられる債務整理方法をアドバイスいたします。相談者の方が、その債務整理手続きを行うことを決断されましたら、司法書士に債務整理手続きをご依頼いただくという委任契約を交わさせていただきます。債務整理手続きをご依頼いただいた後は、司法書士が業者と和解契約を結んで今後の返済プランを確定するまでの間、業者への返済がストップすることになります。

3.業者に受任通知を送る

司法書士が代理人となって、債務整理手続きを行うということを、債権者に通知します。それと同時に、最初に借り入れをした時からの明細を開示するよう、業者に請求します。なお、この受任通知が業者のもとに届いた時点で、業者からご本人への督促や取立てを行うことが禁止されることになります。

4.業者から取引明細が届く・引き直し計算・借金残高の確定

業者から届いた取引明細をもとに、利息制限法により引き直し計算を行います。利息制限法による引き直し計算とは、簡単に言うと、利息制限法で定められている上限利率を超える利息を業者がとっている場合に、業者がいままで違法にとってきた利息分を元本に充当しなおすという作業になります。引き直し計算を行うことによって、法律上、業者に支払うべきである借金の残高が確定します。なお、業者との取引内容によるのですが、一般的には業者との取引期間が長ければ長いほど、違法に取られてきた利息分が多いことになりますので借金の残高が減額されることになり、場合によっては払い過ぎていたこと(過払い)となる場合も あります。

5.業者との和解交渉

利息制限法で引き直し計算を行った結果、確定した残高を今後どのように返済していくかについて、司法書士と業者が話し合いを行います。

6.和解契約の締結

今後の返済プランについて話し合いがまとまれば、和解契約書を交わすことになります。これで、任意整理手続きは終了となります。

7.和解内容の報告

業者と交わした和解契約の内容、つまり今後の返済プランについて、依頼者の方にご報告、ご説明をさせていただきます。

8.返済の開始

今後は、和解契約で決めた返済プランを守って、返済を行っていくこととなります。

Valuable information

最終更新日:2014/11/6

債務整理
債務整理とは
債務整理の目的
選択と手続き

任意整理
任意整理とは
メリット・デメリット
手続きと流れ

自己破産
メリット・デメリット
自己破産必要書類

過払い請求
過払い請求を行う
過払い金の計算
返還請求書を送付

借金返済の悪循環

グレーゾーン金利
グレーゾーン金利
みなし弁済

消費者金融リスト

借金返済一人で悩まないで債務処理をしよう

日本弁護士連合会

(c)借金返済help Allright Reserved.