もう苦しまないで賢い借金返済方法

借金返済任意整理

任意整理とは

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せず、弁護士や司法書士などが私的に債権者と話し合いをすることで、借金の減額や将来利息のカット、返済方法など、和解交渉をしていく債務整理の方法です。そして債権者と合意ができた場合には、3年程度(最長で5年)で返済していくことになります。
ちなみに裁判所を利用するのが特定調停です。
特定調停では、過払い金が発生している場合には別途、過払い請求(不当利益返還請求訴訟)を起こす必要がありますが、任意整理の場合ですと過払い請求も行ってくれます。
この任意整理、もちろん弁護士や司法書士に依頼しなくても、個人で交渉することも不可能ではありません。しかし相手にされない場合や専門家に依頼した方がより大きな成果を上げられたのに・・・という結果になることもあり、自分で手続きを取ることは現実的ではないのです。
ちなみに任意整理は、グレーゾーン金利で利息を取っているものを利息制限法で計算し直すことで減額を図るため、もともと利息制限法の範囲内でキャッシング会社に対しては、減額を望んでもまず認められることはないと思いますので、、別の債務整理を検討する必要があります。

借金が減額できる訳

20%を超えて利息を取ることを法律は認めていません。しかし多くのキャッシング会社は、20%を超えて利息を取っています。
あなたが借りているキャッシング会社はどうですか?
法律で定められた利率で支払っていた場合、借金はもっと減っていたはずです。
この支払いすぎた利息分を現在の借金の残金に充当したり、残金よりも支払利息が多ければ、キャッシング会社から返してもらうことができるのです。
これが任意整理の仕組みなのです。

任意整理のメリット

弁護士に依頼した時点で取り立てが止まる

弁護士や司法書士に依頼すると、債権者に介入通知(受任通知)を発想してくれます。
これを債権者が受け取った後は、債務者に直接連絡を取ることが禁止されているのです。
取り立てが止まるということは、精神的にもすごく助かることです。

手続きの為に債務者が裁判所に行く必要がありません

特定調停の場合は、平日に裁判所に出向かなければなりませんが、任意整理の場合、全て弁護士が行ってくれるのです。

二度手間にならない

任意整理ですと、借金の減額と過払い金が発生していた時の返還請求をまとめて行ってくれます。
しかし同様の手続きである特定調停の場合は、借金の減額のみで過払い金が発生していたとしても取り戻すためには、別に過払い請求(不当利益返還請求訴訟)を裁判所に申し立てなければならないという手間がかかります。

和解した内容が債権名義とならない

似たような制度の特定調停では、話し合いの後に作られる調停調書は債権名義となります。
債権名義があると和解した後に返済が滞ったりした場合、強制執行を受けやすくなります。
しかし、任意整理の和解内容は債権名義にはなりません。

任意整理のデメリット

ブラックリストに掲載される

どの債務整理の手段をとっても同じですが、ブラックリストに載ります。
このため、以後5〜7年間は新しくキャッシング会社を利用したり、クレジットカードを持つことが非常に難しくなります。

債権者と和解できない場合もある。
弁護士との交渉になりますが、クビを縦に振る業者ばかりではないということです。
和解できない場合は、別の債務整理の方法を取ることになります。

弁護士・司法書士に支払う報酬が発生

任意整理の費用として着手金と成功報酬が必要になります。
着手金は、債権者1社あたり2〜3万円と設定しているところが多いようです。
あなたがキャッシング会社を5社利用していた場合には、10〜15万円。10社利用していた場合には20〜30万円の費用がかかることになります。
また成功報酬も着手金と同額、加えて減額できた金額の1割を加算するという法律事務所が多いようです。つまり着手金と成功報酬を足すと40〜60万円の経費が必要になります。分割支払いも可能でですが、これだけの経費はやはりデメリットとも言えるでしょう。
ちなみに特定調停で自分自身で手続きを取った場合だと1〜2万円程度の費用で済みます。

任意整理の手続き  NEXT→

おすすめWEBサイト 5選

2014/11/6 更新

債務整理
債務整理とは
債務整理の目的
選択と手続き

任意整理
任意整理とは
メリット・デメリット
手続きと流れ

自己破産
メリット・デメリット
自己破産必要書類

過払い請求
過払い請求を行う
過払い金の計算
返還請求書を送付

借金返済の悪循環

グレーゾーン金利
グレーゾーン金利
みなし弁済

消費者金融リスト

借金返済一人で悩まないで債務処理をしよう

日本弁護士連合会

(c)借金返済help Allright Reserved.